Location

便利と活気とゆとりを楽しむ、街が変わる、阪急「茨木市」駅前。 便利と活気とゆとりを楽しむ、街が変わる、阪急「茨木市」駅前。

航空写真(2016年8月撮影)

  • 阪急「茨木市」とJR「茨木」駅の間、万博を機に発展した茨木市の中心。 阪急「茨木市」とJR「茨木」駅の間、万博を機に発展した茨木市の中心。

    大阪の都心に近く、住みよい街として人々を惹きつけ、さらにその想いに応えるかのように発展をつづけてきた茨木市。なかでも1970年の日本万国博覧会を契機に、市街地が急速に進展しました。その恩恵に浴し、商業施設をはじめとするさまざまな都市機能が集積するとともに住宅地開発も進んだのが、阪急「茨木市」駅とJR「茨木」駅に挟まれたエリアで、今では市の中核ゾーンと位置づけられています。本プロジェクトはまさにそのエリアの一角に地を得ました。

  • 阪急「茨木市」駅 徒歩3分(約240m)
  • 市役所や合同庁舎、茨木市の行政中核機能がここに集約。 市役所や合同庁舎、茨木市の行政中核機能がここに集約。

    阪急「茨木市」駅とJR「茨木」駅の間が市の中核ゾーンと位置づけられているのは、商業施設が充実しているからというだけではありません。市役所をはじめ、消防本部・図書館・子育て支援センター・プラネタリウムなどが入る合同庁舎、公民館、そして裁判所や税務署まで、多くの枢要な行政機関が設けられてることが背景にあるのです。歴史をさかのぼれば、かつては茨木城が置かれ、早くから城下町として栄えていたエリアであり、今日、行政機関を設置されるにふさわしい場所と言えるでしょう。

  • 茨木市役所 徒歩12分(約910m)
  • 憩いの風景を描く元茨木川緑地。春には桜の彩りが。 憩いの風景を描く元茨木川緑地。春には桜の彩りが。

    桜をはじめとする数多くの樹木、松を配した白砂青松コーナー、梅園、花壇、オリーブの森など、変化に富む景観が四季折々の風情を愉しませてくれる元茨木川緑地。市の中核ゾーンを潤すように伸びるグリーンベルトとして整備され、「大阪みどりの百選」にも選ばれた、市民の憩いと安らぎの場です。本プロジェクトからも利用しやすく、緑地内を散策したり、遊歩道でウォーキングやジョギングを愉しんだりできるほか、春には絶好のお花見スポットにもなります。

  • 元茨木川緑地 徒歩9分(約650m)

日々の暮らしの豊かな彩り。阪急「茨木市」駅前生活をここで。

  • 阪急「茨木市」駅徒歩3分。その駅近を日常に、暮らしが変わる。
  • 阪急「茨木市」駅徒歩3分。その駅近を日常に、暮らしが変わる。

    朝、ゆったりと朝食をとれる余裕がうれしい、阪急「茨木市」駅徒歩3分の好立地。通勤時間が短縮され、生活時間と気分にゆとりが生まれます。駅周辺に集うショッピング施設なども利用しやすく、スマートな暮らしも実現。さらに、駅西口周辺では、再整備に向けた検討がすでに進められており、今後の新展開も期待できます。

  • 地図
  • コーヨー 茨木店/徒歩4分(約290m)
    ジョーシン 茨木店/徒歩5分(約330m)
    市立茨木小学校/徒歩7分(約530m)
    市立東中学校/徒歩4分(約300m)
    竹橋公園/徒歩4分(約300m)
    中村公園/徒歩6分(約420m)
    茨木保健所/徒歩7分(約540m)
    いのうえ内科/徒歩1分(約60m)

Life Information

  • Shopping

    Park

  • Education

    Public

  • Bank

    Medical

IBARAKI THE ARENA

※掲載の航空写真は2016年8月撮影したものに一部CG加工を施しています。阪急茨木市駅西口周辺整備検討区域については茨木市ホームページ記載を基に描いています。

※掲載の写真は阪急「茨木市」駅(約240m)周辺にて撮影(2016年8月撮影)

※地図は略地図につき省略されている施設等があります。

※周辺環境データ・所要時間等は平成28年5月現在のものです。

※掲載の表示距離は現地からの地図上の概算です。徒歩分数は80m=1分として算出し、端数は切り上げております。

※掲載の環境写真は2016年8月に撮影したものです。

資料請求はこちら
来場予約はこちら